Legend社製のパワーラックです。一般の家庭用規格よりも若干大きめに作られていますので思い切りトレーニングが可能。パワーラックは中に入っ
  てワークアウトを行うため圧迫感が難点ですがACEはしっくりきます。強度も非常に強いです(米国では施設にも置かれています) ¥90000-

ビギナー向けのラックであって強度はアスリート仕様という素晴らしいパワーラックです。Z-1ほどのオプションはあり
ませんが、ビッグ3を鍛えるには充分です。もちろん高強度トレーニングにも耐えますので500kg、600kgの重量でも問
題ありません(まあそんな重量を使う人はいませんがあくまで強度として)。国内で販売されている同価格帯のパワ
ーラックよりは全然優れてます。高さが222cmと同価格帯のものよりも高いので(幅も広いです)懸垂種目がガンガン
できます。嫌なんですよね、足が地面に付きそうな感じを気にして懸垂するのは。可動域を充分に取れるように設計
されています。また重さも約120kgありますので懸垂の際の揺れやブレが少ないです。多くの場合、重さは強度に比
例しますのでとにかく重くて丈夫なラックがオススメ。軽いものはそれだけ質量がないということです。質量がないも
のは支える力もありません。より安全に思い切りトレーニングするために良いラックを選びましょう。高重量のベンチプ
レス、スクワットなども問題なくできます。














        上画像のフラットベンチ、バーベル、チェーンは別売りです。
パワーラックACE(エース) ¥90000-
内部にかなり広いスペースが取れているパワーラックです。スクワット、ベンチプレス、チニングがやり放題。漆
黒のブラックペイントもかなりカッコイイと思います。チェーンなども織り交ぜて組み合わせればまさに男のトレー
ニング空間が出来上がります。アジャスタベンチ(もしくはフラットベンチ)、オリンピックバー、IVANKOプレートな
どと併せてお求めください。
 
横から見るとこんな感じです。バーベルのプレートは両サイドに20kgをつけていますがラックの大きさがだいた
いわかるかと思います。フリーウエイトには強度の高いハーフラックもしくはパワーラックが必ず必要です。ラッ
クがあるだけでトレーニングのバリエーションも広がります。

製品データ(1mmくらいの誤差はご了承ください)

ラック全体の寸法:高さ222cm、幅143.5cm、奥行123cm、重さ約120kg
実際にトレーニングを行う内部の幅は107cm、奥行は117cmほどです。
柱の太さ:5.2cm、構成されている鉄の厚み3mm(一般的な家庭用は1.5mm〜2mm程度です)
設置場所推奨サイズ:幅350cm、奥行300cm(6〜8畳) 天井の高さ238cm以上(推奨)

ご発送の場合、4個の部品に分けてのご発送となります。
パーツが4つに分かれておりますので一般家庭のドアから問題なく搬入できます(一番大きなパーツでもまず問
題ありません)。4つのパーツを屋内に搬入後、ラックをセッティングする場所で組み立ててください(天井の高さ
は事前に計測ください)。組み立ては2人でおよそ15分です。シンプルかつ頑丈、すぐに組み立てられます。
バーベルをセットしておくフックがペ
アで付いています。高重量のバー
ベルでも安心して支えることができ
ます。ワンタッチで取り付け、取り
外しが簡単!絶えず高さを変える
サーキットトレーニングなどにも手
際よく対応いたします。
セーフティーバーを標準装備してい
ます。適切な高さにセットし、限界
まで肉体を攻めてください。バーの
先端をピンで止めるようになってい
ますがバーの位置を絶えず変える
方はピンを外した状態でご使用くだ
さい。
ホルダー、セーフティーバーを通す
穴は4.8cm間隔、穴と穴の中心幅
は7.8cmあります。こちらの画像か
らACEに用いられている鉄の肉厚
がわかるかと思います。厚い!
懸垂バーのサイドにLEGENDのロゴ
が入っています。フラットな懸垂バ
ーなのでワイド、ミディアム、ナロー
グリップのほか、ロープ(柔道の帯
などがお勧め)を用いたグリップな
どにも対応します。工夫次第でいろ
いろできます。
フラットベンチと組み合わせるとこん
な感じです。パワーラックの黒いボ
ディには赤いベンチが合うので撮影
してみました。かなりカッコイイと思
います。
ベンチと組み合わせた際の正面。
ACEにはバンドペグは付いておりま
せんが、バンドをベンチの底に通す
ことによりバンドベンチプレスが可
能です。詳しいやり方はお問い合
わせください。強い身体を作るため
には工夫が必要です。